エコレボタイルとは

エコレボのきっかけ

タイル原料枯渇問題

古くから美濃焼をはじめとする陶磁器の産地として名高い多治見市は、タイルの主産地としても日本有数の生産量を誇ってきました。しかし、経済の鈍化や、粘土の枯渇が原因となって鉱山の閉鎖が進んだ結果、天然原料に依存しない代替原料の開発が急務となっています。


日本のゴミ処理事情

2018年3月現在日本のごみ処理施設は1103施設、最終処分場は1651施設あります。ごみ処理施設数、最終処分場数は世界で最も多いです。焼却場の数は、なんと世界の7割を占めていると言われています。この理由は、日本は国土面積が狭いので、「ゴミ処理=燃やす」が主流となっているためです。一方、ゴミを大量に排出するがゆえにゴミを減容化する技術は世界一と言われています。その筆頭の技術としてあげられるのが溶融炉です。


SDGsと、環境意識の高まり

2015年9月、全国連加盟国(193国)は、より良き将来を実現するために今後15年かけて極度の貧困、不平等・不正義をなくし、私たちの地球を守るための計画「アジェンダ2030」を採択しました。この計画が「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」です。SDGsは、ミレニアム開発目標で十分に手を打てなかった課題に加え、Rio+20で議論された深刻化する環境課題など17の目標と169のターゲットに全世界が取り組むことによって『誰も取り残されない』世界を実現しようという壮大なチャレンジです。

溶融炉とは

溶融炉とは、家庭から排出される可燃ごみ、不燃ゴミ、粗大ゴミや工場から排出されるガラス屑、金属屑、汚泥や焼却炉から排出される灰(燃え殻)、病院から排出される医療系廃棄物、感染性廃棄物などを1300℃~1700℃位の高温で溶かし減容化・無害化してしまう処理方法です。高温で溶かすため、ダイオキシンはほとんど発生しません。溶融後は無害化された溶融スラグと呼ばれる黒いガラス状の物質が排出されますが、この溶融スラグは道路の路盤材やコンクリートの原料としてリサイクルされています。

溶融のメリット

焼却炉と比べ設置費と運用費は高くなってしまいますが、ダイオキシン対策について信頼性が高く、排出された物も原料としてリサイクルできる優位性があり、焼却炉に変わり各地に導入が進んでいます。最終処分場の残余年数が少なく、できる限りのリサイクルが叫ばれている状況から考えても、今後この流れは続くと予想されています。


弊社イチオシの溶融炉:クボタ製回転式表面溶融炉(KSMF)

【ポイント】廃プラスチックが燃料になる!

海洋プラスチックが世界的に問題となってきています。KSMFは溶融炉で唯一プラスチックを燃料として扱うことができる溶融炉です。投入する廃棄物の中の3割をプラスチックにすることで、化石燃料を使用することなく溶融処理が可能になります。 廃プラ問題を解決する、最も効果的な手段だと考えています。

溶融スラグタイル

自治体のゴミ処理施設が原料工場に変わる

コンセプト:自治体から出たものを自治体に還す

溶融炉を持つ自治体である、多治見市、豊田市の溶融スラグを使って、商品開発を実施しています。

[多治見市スラグタイル]


[豊田市スラグタイル]

施工事例|溶融スラグタイル

多治見市立昭和小学校

無釉タイル

  • 30×200×t15mm
  • 30×300×t15mm

多治見市立精華小学校付属愛児幼稚園

無釉タイル

  • 60×227×t15mm

製品ラインナップ|溶融スラグタイル

エコレボタイルは低温・短時間焼成が可能なので、焼成コストも30%ダウン!

溶融スラグを主原料(50%)とし、リサイクル率95%以上を実現!

40×60×t10mm(豊田市スラグ使用)

54×62×t8mm(豊田市スラグ使用)

60×227×t15mm(多治見市スラグ使用)

製品一覧をもっと見る

企業廃棄物タイル

大手企業で処理に困っている産業廃棄物を原料に、産業廃棄物からタイルを作る。

コンセプト:企業から出たものを企業に還す

企業から出る産業廃棄物を使って、商品開発を実施しています。

例えば粉砕ガラス


例えば有機物の入った廃セラミック原料


例えばバイオマス発電機から出る煤塵

※バイオマス発電:有機物を燃焼して発電するシステム

施工事例|企業廃棄物タイル


製品ラインナップ|企業廃棄物タイル

22×22×t8mm

(企業廃棄物:廃セラミック使用)

40×40×t10mm(廃ガラス100%)

40×240×t10mm

(企業廃棄物:廃ガラス使用)

100×100×t8mm

(バイオマス発電 煤塵使用)

製品一覧をもっと見る

将来展望

実証実験の段階を経て、
本格生産を目指す!

Step 1: 量産体制を整える

商社としての情報力と人脈を活かし、地元メーカーと協力して2種類の製造方法で量産できる体制を整えます。

乾式プレスメーカー(左)、湿式押出メーカー(右)


Step 2: 自治体と協力し、都市から出る生活ゴミをリサイクルする

まずは多治見市、豊田市で実績を作り全国へ展開。

地域によって風合いの違うタイルができるので独創性のあるタイルを通して、環境都市のアピールができます。

溶融される都市ゴミ


Step 3: 大手メーカーからの廃棄物を、タイルに再生

処分に困っていた廃材を引き取り、タイルにしてメーカーに返すことでCSRのアピールを手助けします。

粉砕された液晶ガラスを原料に


Step 4: 福島原発の汚染土壌を溶融し、タイルとして蘇らせる

溶融する過程でセシウムやダイオキシンなどの有害物質を除去できるため、福島の汚染土壌を溶融し、自分たちの街でできた安全なタイルで地域復興に貢献できます。

未だに未処理のフレコンバックに詰まった汚染土壌


Step 5: 発展途上国へ技術輸出し循環型のシステムを構築

ゴミ処理問題を抱えている発展途上国に溶融炉とタイル工場をセットで技術輸出し、循環型の社会を作り、さらには雇用を生み出し地域の発展に貢献します。

インド洋の楽園モルディブ。ゴミの島となったモルディブ「ティラフシ島」。毎日330トンのゴミが投棄されます。