環境テーマ

SDGs

投稿日:

【2022年】日本のSDGs達成度について

2022年6月2日に、国際的な研究組織「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク (SDSN)」が、各国のSDGsの達成度合いを評価した「Sustainable Development Report (持続可能な開発報告書) 」の2022年版を発表しました。

このレポートでは、日本は163カ国中 19位となっており、昨年から1つ順位を落とす結果となってしまいました。

日本の順位は下落傾向

この報告書では、SDGsの17目標に対して「達成済み」「課題が残る」「重要な課題がある」「深刻な課題がある」の4段階で評価し、その達成度を基準に順位付けをしています。

日本の順位は、2017年の11位をピークに、近年は下落傾向となっています。日本人としては、少し残念な気持ちになってしまいます。

2022年 SDGs達成度順位
順位国名点数
1位フィンランド86.5
2位デンマーク85.6
3位スウェーデン85.2
4位ノルウェー82.3
5位オーストリア82.3
---------
19位日本79.58

上位5か国には、欧州・北欧諸国が名を連ねています。環境問題やジェンダー等に対する意識が高いことで知られる国々。常日頃から高い関心を持っているからこそ、皆で意識を共有し、政治と経済が一体となり、着実に結果に繋げているのかも知れませんね。

日本も、以前に比べれば、意識は高まっているかもしれませんが、まだまだ、欧州諸国を見習わなければならないことも多そうです。

まだまだ課題が多い、日本の目標別達成度

次は、SDGs各目標ごとの日本の達成度を見てみましょう。

日本のSDGs目標別の達成度
目標 達成度
目標1. 貧困をなくそう 課題が残る
目標2. 飢餓をゼロに 重要な課題がある
目標3. すべての人に健康と福祉を 課題が残る
目標4. 質の高い教育をみんなに 達成済み
目標5. ジェンダー平等を実現しよう 深刻な課題がある
目標6. 安全な水とトイレを世界中に 課題が残る
目標7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに 重要な課題がある
目標8. 働きがいも経済成長も 課題が残る
目標9. 産業と技術革新の基盤をつくろう 達成済み
目標10. 人や国の不平等をなくそう 重要な課題がある
目標11. 住み続けられるまちづくりを 課題が残る
目標12. つくる責任つかう責任 深刻な課題がある
目標13. 気候変動に具体的な対策を 深刻な課題がある
目標14. 海の豊かさを守ろう 深刻な課題がある
目標15. 陸の豊かさも守ろう 深刻な課題がある
目標16. 平和と公正をすべての人に 達成済み
目標17. パートナーシップで目標を達成しよう 深刻な課題がある

全体的に、まだまだ解決すべき課題が多く残されている印象ですが、「目標12. つくる責任つかう責任」が厳しい評価となっているのが、私たちとしては特に気になるポイントです。

「電子機器の廃棄量」と「プラスチックごみの輸出量」の評価が低いことに加え、「輸入に含まれる窒素排出量」が昨年の評価から下がったことで、評価を下げられてしまったようです。

これは一筋縄でいく問題ではありませんが、弊社を含めた、製造業に携わる人々に「まだ出来ることがあるのではないか?」という問いを投げかけられている、と捉えることもできるでしょう。

まとめ

ecoRevo®が、SDGs活動として積極的に取り組んでいる3項目を見てみると、

  • 目標09. 産業と技術革新の基盤をつくろう --- 達成済み
  • 目標11. 住み続けられるまちづくりを ------- 課題が残る
  • 目標12. つくる責任つかう責任 -------------- 深刻な課題がある

まだまだ道半ばといったところ。特に「目標12. つくる責任つかう責任」は、ものづくりに携わる私たちとしては、何とか達成したい目標です。また「目標09. 産業と技術革新の基盤をつくろう」についても、私たちタイル業界としては、まだまだ解決しなければならない課題が多くあるのが、実情といえます。

弊社の技術は、工場などでの製造過程で生まれる廃棄物を、再資源化・再活用することができる、画期的な技術です。御社も、ecoRevo®のリサイクルタイルで、SDGsの目標達成のためのアクションを、一緒に起こしてみませんか?

ゴミを再利用して作られた、エコレボのリサイクルタイル


最新カタログ「ecoRevo 2022」が完成しました!

今回の展示会でも配布した、最新のecoRevo®カタログです。新製品「カーパ」「リンネ」も掲載。以下のリンクよりご覧いただけます。

環境テーマ

SDGs

投稿日:

■アンケートフォーム

ブログ一覧に戻る