年末のご挨拶。2020年を振り返って

今年も早いもので、激動の2020年も終わりのカウントダウンが始まりました。

2020年は、環境に対する意識の高まりを、強く感じる1年となりました。テレビ番組ではSDGsの特集が組まれるなど、SDGsがより身近なものとして感じるようになりました。一方で、コロナショックの影響で、予定されていた展示会は軒並み中止となり、世の中が言いようのない不安に覆われた年でもありました。

コロナウイルスの流行やSDGsの盛り上がりなど、時代の節目を感じさせられた、まさに「ニューノーマル」の到来を予感させる2020年。世界との関わりについて、一人一人が考えるきっかけとなりました。ecoRevo®にとっても、色々と考えさせられ、そして、自分たちの道が間違ってはいないのだと確信した、「実り」と「展開」の一年となりました。

  • 新しい時代の到来に、漠然とした不安に苛まれた2020年。そんな中、SDGsの盛り上がりが日毎に増していると、実感させられました。

  • 私たち「タイル製造」に携わる者たちができることは、SDGsでいえば、この3つの目標です。

  • 溶融炉は、ゴミを安全・コンパクトに処理できる、注目の技術。溶融炉から排出された「溶融スラグ」を、タイル材料に活用する技術を、弊社は長年研究してきました!

  • このリサイクルタイルの技術は、ゴミ問題の改善に貢献できると確信しています!


まずは「実り」から。
1月に、ぎふ地域ベンチャー支援ネットワーク「NOBUNAGA21」が行う2019年度の助成事業で、弊社の「ecoRevo®」事業が最優秀賞を受賞しました。今回の受賞は、「ecoRevo®」の社会貢献性や、可能性を高く評価されてのことだと感じ、スタッフ一同、嬉しく思いました。

  • 多くの方々に興味を持っていただき、幸先の良いスタートを切れた2020年。

  • 皆さんのご期待に応えようと、改めて誓った瞬間でした。


続いて「展開」についてです。
6月には、西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」のグッズを、BASEにて販売スタートさせました。リサイクルタイルを利用したプペルのアクセサリーを販売し、多くのお客様からご好評をいただいています。1つ1つ、心を込めた手作りの商品です。

一人でも多くの方に喜んでいただければ、とても嬉しいです。プペルを通じて、私たちの想いと共感していただける輪が広がれば、何よりです。

  • ゴミから作られたタイル生地に、手刷りでシルクスクリーン印刷を施しています。

  • それから1枚1枚、心を込めて釉薬を施します。

  • かわいいプペルのキャラクターの、キーホルダーやマグネット。

「ゴミ人間が世界を変える」... 夢のようなことでも、信じ続ければ実現するかもしれない。そんな西野さんの素敵な世界観に心惹かれます。

「えんとつ町のプペル」といえば、今日・12/25(金)から映画公開ですね!今後も、新商品を追加していく予定なので、是非、WEBショップでプペルグッズもご覧ください!


9月には、豊田スタジアムで開催された「グランパスSDGsアクション」に参加して、豊田市の溶融スラグを利用したタイルで「SDGsタイル」を製作し展示しました。豊田市長や、名古屋グランパスエイトのスタッフの方ともお話でき、取り組みについて大変興味を持っていただけました。

  • 豊田スタジアムで開催された「グランパスSDGsアクション」

  • 愛知県豊田市は、ゴミ問題や環境問題に積極的に取り組んでいらっしゃる自治体さん。とても充実した時間となりました。

「SDGs」という合言葉のもと、みんなが力を合わせることで、色々な可能性が広がっていくのだと、ワクワクさせられたイベントでした。今後の展開もご注目ください。


お問い合わせや、お取引のパートナー・お客様を見ていると「SDGs等をきっかけに、ゴミ問題やリサイクル技術に正面から取り組もう」という機運が高まっていることを、肌で感じます。

今までは「そうなれば良いなぁ」と漠然と考えていた「循環型社会の実現」という夢に、弊社と共に、自ら一歩を踏み出してみませんか?皆さんの願いを叶えるために、弊社もより一層邁進したいと思います。

来年は、リサイクルタイルを広めるために、更なる展開を予定しています。来年も引き続きよろしくお願い致します。

2021年も、皆様にとって素晴らしい年でありますように、心よりお祈り申し上げます。年末年始、ご多忙だとは思いますが、くれぐれもお身体には気を付けてお過ごしください。皆様、良いお年をお迎えください。

■アンケートフォーム

ブログ記事一覧に戻る